設立時当初の端緒

 

現代先進各国における高等教育機関が、様々な形態において国境を越え独自の教育活動を行えるようになりました。 

これまでは、我が国固有の高等教育の枠組みに対し、如何にすべきかといった議論で事が足りたのですが、いまや新たなる高等教育における世界基準について議論すべき時代がやってきました。

 

政府ではUNESCOOECDが提唱する

 

LIGNES DIRECTRICES POUR DES PRESTATIONS DE QUALITÉDANS L’ENSEIGNEMENT SUPÉRIEUR TRANSFRONTALIER

 

GUIDELINES FOR QUALITY PROVISION IN CROSS-BORDER HIGHER EDUCATION

 

これらのガイドラインに基づき2005年以降盛んに議論されています。

 

これらガイドラインでは、主に政府・高等教育機関・学生・質的保証・認定機関の適格性・学位の認証機関・職能団体について述べられています。

 

しかしながら、欧州評議会やユネスコの提唱する国際規模での基準を十分に実践するためには機関運営レベルにおいて現場主義的(学長主導的)観点から、具体的な実務レベルでの国際基準と云うものが存在しなければ、その実践は成し得ません。

 

このような現状を踏まえ、大学を中心とした高等教育機関の国際的な質的向上を掲げ、現職で高等教育に携わる教員を中心とした、実務レベルの協議をこの協会の本旨としました。

 

 

国際社会で通用する、ボーダーレス化に熱心な大学をはじめ、各種学会・研究会・企業・各種関連団体を正会員・賛助会員とする組織体として、極めて大きな新時代的課題に対し議論するために本協会を設立することとしました。

次回 定例役員総会のお知らせ

詳細につきましては決定次第会報にて通知します。